【レシピ】ストウブで作るとうもろこしごはん(&残ったご飯でアレンジレシピ)

発酵おとなごはん

とうもろこしの季節ですね!私の祖母の家ではとうもろこしを育てているのですが、そのとうもろこしがとーっても甘いので、毎年送ってもらっています♪そして、今年も大好きな祖母のとうもろこしが到着しました!茹でたり焼いたりコーンスープにしたりと色々楽しむのですが、私の中で絶対欠かせないメニューが「とうもろこしごはん」です。

今回はストウブ(STAUB)で作る「とうもろこしごはん」のレシピと、残ったとうもろこしごはんで作るアレンジ(バター醤油麹編、焼きおにぎり編)をご紹介します。

ストウブで作るとうもろこしごはんレシピ

材料

・とうもろこし:2本
・米:3合
・水:540〜570g
・塩:小さじ1
・みりん:小さじ3

※水は、1合につき180〜190gがおすすめ。私は180gだと固めに感じるので、190gで作っています。
※みりんを入れることでツヤツヤふっくら炊き上がるので加えてますが、なくてもOKです!

作り方

1.米をとぎ、30分ほど浸水。浸水させた米はザルにあげて水切りする。
2.とうもろこしは皮と根を切り落とし、よく洗う。芯から実を削ぎ落とす(半分に切って、切った面を下にすると安定します)。
3.浸水させた米、水、塩、みりんをストウブに入れて、軽く混ぜる。
4.③にとうもろこしの芯と実をのせて、強火で加熱し、グツグツ沸騰したら蓋を閉め、弱火で15分加熱する。

5.火を止めて、10分蒸らしたら出来上がり。

残ったとうもろこしごはん作るアレンジレシピ

バター醤油麹のせとうもろこしごはん編


とうもろこしごはんはそのまま食べても美味しいですが、バターと醤油麹をのせると美味しさがさらにアップ!もちろん醤油でも良いのですが、発酵ラバーとしては、醤油麹がおすすめです。熱々のとうもろこしごはんの上に、バターと醤油麹をお好みの量のせて完成です。

くろかな
くろかな

栄養価も高く、旨味と甘みのある醤油麹はとうもろこしごはんと相性抜群です♪残ったとうもろこしごはんで…と書きましたが、こちらは出来立て熱々の上に乗せるのが絶品!

とうもろこしごはん焼きおにぎり編


残ったとうもろこしごはんはその日のうちにおにぎりにし冷蔵庫へ入れましょう(翌日までに食べない場合は冷凍庫がおすすめ)。そして、食べるときに電子レンジで温めなおします。次に、醤油とみりんを2:1(醤油味濃いめが好きな場合は3:1)に混ぜたものをおにぎりに塗り(染み込ませ)ます。魚焼きグリルに油を塗ったアルミホイルを敷き、おにぎりを並べ、こんがり焼いて完成です。
※焼き時間は、ご家庭の魚焼きグリルによって異なります。我が家はグリルで片面7分前後ずつ(弱火)焼き上げました。

くろかな
くろかな

出来立てではないとうもろこしごはんはどうしても固くなりがちですが、焼きおにぎりにすることで、甘さや風味も増し、とっても美味しく楽しめます。私はこの焼きおにぎりを作りたくて、とうもろこしごはんを作っているところもあります(笑)ぜひお試しくださいー!

タイトルとURLをコピーしました